ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立国際電気

60GHz帯 無線伝送装置

概要

大容量データを空中で結ぶ

離れた建物や、電車と駅ホームの間で高速にデータを伝送できる60 GHz帯無線伝送装置。ミリ波帯の無線を用いて、高速・高品質の通信を提供します。高速に画像データを伝送することもできます。
また、60GHz帯の電波特性により通信データの漏洩や、相互の電波干渉が非常に少なく、無線伝送装置を密集して設置した場合でも、高速無線ネットワークを自由に構築することができます。

特長

高速データ伝送

  • 100Mbps Ethernetインタフェースで有線LANと接続できます。
  • デジタルデータを高速に伝送することができます。
  • * Ethernetは、米国Xerox Corp.の商品名称です。
  • * ETHERNET/イーサネットは富士ゼロックス株式会社の日本における登録商標です。

免許不要

  • 無線従事者資格や無線局免許を取得する必要がなく、誰でも自由に使用できます。

小型軽量化

  • ミリ波は電波の波長が短く、アンテナや高周波回路を小型化できるメリットがあります。このメリットを生かし、アンテナを含めた装置の小型・軽量化を実現しました。

容易なシステム設計

  • 60GHz帯の電波は酸素分子による電波吸収により、電波が遠くまで届きにくいため、通信データが漏洩しにくいという特性があります。
  • アンテナの半値角が狭く、道路を隔てたビル間でも、他の電波の干渉を受けにくい安定した通信を実現します。

仕様

使用周波数  59〜66GHz
データ伝送速度 100Mb/s
有線通信インターフェース  100BASE-TX
通信方式  FDD(P-P)
変調方式 振幅変調(ASK)
送信電力 10mW以下
アンテナ 内蔵型
AGC機能 有り
使用温度  ‐10〜+50℃

事例

60GHz帯無線伝送装置の導入事例はこちらから

60GHz帯 無線伝送装置 に関するお問い合わせ

公共システム営業本部

お電話・FAXでのお問い合わせは
TEL(050)3383-3486 FAX(042)322-8353