ページの本文へ

株式会社 日立国際電気

執行役社長 佐久間嘉一郎

日立国際電気は、2000年(平成12年)10月に、日立グループで映像、通信、半導体製造装置関連事業を手がけてきた3つの会社が合併して誕生しました。 以来、「幸福で安心・安全な社会を実現すべく、優れた技術で価値を創造し未来を切り拓きます」を企業理念として、「1.お客様第一主義 2.グローバルトップ 3.人財の尊重と育成 4.基本と正道 5.和、誠、開拓者精神」を経営理念として、映像・通信ソリューションと成膜プロセスソリューションの2つの事業分野で、新たな価値を創造し、安全で豊かな社会基盤づくりに貢献してまいりました。

そして、2018年(平成30年)6月、日立国際電気グループは、成膜プロセスソリューション事業(半導体製造装置関連事業)を分割して、映像・通信技術と放送・伝送技術とを強みとした、新たな体制でスタートすることとなりました。 社会インフラの質的変化への対応が大きな課題となっているなか、当社の強みを活かして「安心・安全な社会を実現する映像セキュリティ・危機管理ソリューション」や「IoTセンシング・ビッグデータを活用した高度センシングソリューション」など、映像・無線技術を軸としたシステム製品からソリューションビジネスへの転換を図ってまいります。

これからも、日立国際電気グループは、ものづくりを通じて、お客さまの信頼を高め、豊かな社会に貢献してまいります。

社長執行役員 佐久間 嘉一郎