本文へジャンプ

平成21年10月28日
株式会社日立国際電気

業績予想の修正に関するお知らせ

  最近の業績動向を踏まえ、平成21年7月24日に公表した連結業績予想及び平成21年4月28日に公表した個別業績予想を下記のとおり修正いたしましたのでお知らせいたします。

(金額の単位:百万円)

平成22年3月期第2四半期連結累計期間連結業績予想数値の修正(平成21年4月1日〜平成21年9月30日)

業績予想数値の修正
  売上高 営業利益 経常利益 四半期純利益 1株当たり四半期純利益
前回発表予想(A) 百万円
42,000
百万円
△8,500
百万円
△8,500
百万円
△8,500
円 銭
△82 62
今回発表予想(B) 45,623 △7,382 △6,855 △7,513 △73 04
増減額(B-A) 3,623 1,118 1,645 987
増減率(%) 8.6
(ご参考)前期第2四半期実績(平成21年3月期第2四半期) 66,442 △1,216 △652 △1,007 △9 79

平成22年3月期通期連結業績予想数値の修正(平成21年4月1日〜平成22年3月31日)

業績予想数値の修正
  売上高 営業利益 経常利益 四半期純利益 1株当たり当期純利益
前回発表予想(A) 百万円
120,000
百万円
△4,500
百万円
△4,500
百万円
△2,500
円 銭
△24 30
今回発表予想(B) 120,000 △7,300 △6,800 △4,800 △46 66
増減額(B-A) △2,800 △2,300 △2,300
増減率(%)
(ご参考)前期実績(平成21年3月期) 128,586 △11,407 △10,996 △24,880 △241 79

平成22年3月期第2四半期累計期間個別業績予想数値の修正(平成21年4月1日〜平成21年9月30日)

業績予想数値の修正
  売上高 営業利益 経常利益 四半期純利益 1株当たり四半期純利益
前回発表予想(A) 百万円
29,000
百万円
△8,000
百万円
△7,000
百万円
△7,000
円 銭
△68 04
今回発表予想(B) 32,238 △6,937 △4,532 △4,993 △48 54
増減額(B-A) 3,238 1,063 2,468 2,007
増減率(%) 11.2
(ご参考)前期第2四半期実績(平成21年3月期第2四半期) 47,492 △3,337 △1,549 △742 △7 21

平成22年3月期通期個別業績予想数値の修正(平成21年4月1日〜平成22年3月31日)

業績予想数値の修正
  売上高 営業利益 経常利益 四半期純利益 1株当たり当期純利益
前回発表予想(A) 百万円
91,000
百万円
△4,500
百万円
△4,000
百万円
△1,300
円 銭
△12 64
今回発表予想(B) 91,000 △7,400 △5,400 △3,000 △29 16
増減額(B-A) △2,900 △1,400 △1,700
増減率(%)
(ご参考)前期実績(平成21年3月期) 94,381 △13,646 △10,240 △22,811 △221 69

修正の理由

(1)平成22年3月期第2四半期連結累計期間(平成21年4月1日〜平成21年9月30日)

  放送・映像システム分野及び通信・情報システム分野において、受注案件の一部について工事の進捗率が当初予定を上回ったことなどにより、売上高が増加しております。売上高の増加及び固定費削減の効果により営業損失が減少し、それに伴い経常損失並びに四半期純損失についても減少しております。
  また、平成22年3月期第2四半期累計期間(平成21年4月1日〜平成21年9月30日)の個別業績予想数値につきましても、上記と同様の理由により修正を行っております。

(2)平成22年3月期通期(平成21年4月1日〜平成22年3月31日)

  放送・映像システム分野において、映像情報の高度化に伴うテープレスシステムの市場拡大に対応するため、基盤技術への開発投資を追加実施することに加え、現在構築中の大型システムに関するコストが当初予定よりも増加する見通しであることから、営業損失が前回予想数値から28億円悪化する見込みであります。また、営業損失の拡大に伴い、経常損失及び当期純損失も同様に、前回予想数値より悪化する見込みとなりました。なお、売上高については、前回予想数値から変更ありません。
  また、平成22年3月期通期(平成21年4月1日〜平成22年3月31日)の個別業績予想数値につきましても、上記と同様の理由により修正を行っております。

*
上記の予想は、当社が現在入手している情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づいており、実際の業績等は様々な要因により大きく異なる可能性があります。

以上


*
こちらに掲載されている情報は、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。また、最新の情報とは内容が異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

日立国際電気はものづくりを通じて幸福で安心・安全な社会の実現に貢献する企業です。