ページの本文へ

Y.M

入社のきっかけと現在の業務

大学で機械工学を専攻し制御系の研究を行っていました。しかし制御の研究に限界を感じ、モノ作りの分野で私の機構設計の知識が活かせる会社がないかを探し、親会社である日立国際電気を知り入社を決めました。その後今の会社へ転籍し現在に至ります。
今は日立国際電気製の放送プログラム伝送装置(デジタルテレビ、FMラジオ向け)、放送機・中継送信機の保守点検を担当しております。

会社の強みについて

当社も含めて、日立国際電気グループ内の色々な部署で業務を経験していますが、どの部署にも相談できる上司や同僚が出来たことが私の一番の強みです。
私の所属する部署ではメンバーがお互いに問題点を話し合い、そして気軽に相談できる雰囲気があり非常に助かっています。

入社から今まで一番の思い出

Y.M

TV放送がアナログ放送から、地上波デジタル放送へと急速に切り替えが行われた時期、本当に目の周るような忙しさでした。その中で出荷する装置の品質を保証するための試験を実施し、世の中に多くのデジタル放送装置を送り出したことです。

学生さんへのアドバイス

入社から同じ業務を続けて行くことは稀で、長い社会人生活の中では色々な業務に携わるようになると思います。色々な業務に携わり、色々な人と関わり合う事で人間として成長していくと思います。
どの様な業務に就いても明るく、楽しく仕事ができる人になってほしいです。