ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立国際電気

仕様

項目 仕様 備考
適用規格 五GHz帯無線アクセスシステムの無線局の無線設備 電波法無線設備規則第四十九条の二十一
利用可能周波数範囲 4900〜5000MHz (全国で登録可)
5030〜5091MHz (沖縄県を除く全国で登録可)
7チャネル(*1)
利用可能チャネル数 7チャネル
(4920,4940,4960,4980,5040,5060,5080 MHz)
 
アンテナ型式 36cm角 平面アレイアンテナ(標準アンテナ)
Ø60cm パラボラアンテナ(オプションアンテナ)
垂直偏波、水平偏波に対応
空中線利得 21.9dBi、半値角9.5度(標準アンテナ) アンテナ利得: 22.9dBi
添付ケーブル損失: 1dB
26.6dBi、半値角 6.6度(オプションアンテナ) アンテナ利得: 27.6dBi
添付ケーブル損失: 1dB
送信電力 9.9mW  
無線伝送モード 90Mbps/60Mbps/30Mbps-High/30Mbps-Low 回線品質により適応変調制御
最大スループット 無線伝送モード 距離4km相当時 上り/下り 表記
スループットはSmartBits(R)による測定値(*2)
90Mbps 35/35Mbps
60Mbps 22/22Mbps
30Mbps-High 11/11Mbps
30Mbps-Low 7/7Mbps
混信防止機能 リンクID識別による  
干渉回避機能 キャリアセンス時および無線通信時に、継続して干渉を検出した場合、適応変調動作後、チャネルを自動変更  
空中線電力制御 対向装置受信電力を監視し送信電力の最適化を実施 最短通信距離 100m
ダイバーシチ機能
  • アンテナ(2台)切替えによるスペースダイバーシチ方式
  • 直接波と反射波の伝搬距離の差 最大5mまで
 
セキュリティ機能
  • 独自無線プロトコルおよびデータスクランブル
  • 保守ログインパスワード
 
メンテナンス機能 LAN経由で以下の項目を制御可能
  • HTTP、SNMP、TELNETによる制御
  • 無線設定、SYSLOG、SNTP設定
  • ステータス、ログ表示
  • 設定内容、ファームウェア更新
IEEE802.1Q VLANタグでのメンテナンスに対応
SNMP SNMP v1
  • MIB-II system、interfaceグループ
  • プライベートMIB
  • Trap
 
LANインタフェース 100BASE-TX 全二重  
消費電力 IEEE802.3af PD CLASS 0準拠
12.95W以下
 
電源 LANケーブルに重畳したDCによる
供給長:100m以内
 
大きさ 本体 約249(W)×267(H)×87(D) mm
標準アンテナ 約360(W)×360(H)×21 (D) mm
オプションアンテナ 約637(Ø)×473(D) mm(参考値)
取付金具含まず
質量 本体 約4.2 kg + 取付金具0.7kg
標準アンテナ 約1.3 kg + 取付金具1.0kg
オプションアンテナ 約7.0 kg + 取付金具3.6 kg
 
防塵防水 IP65 (JIS C0920)  
動作温度範囲 -30℃ 〜 +55℃
(コールドスタートは-20℃〜+55℃)
周囲気温(日射を含まず)
動作湿度範囲 〜95%  
防食 耐塩害仕様 重塩害仕様ではない
*1
5030〜5091MHzは2017年11月30日までの暫定で割当。
*2
SmartBitsは米国 SPIRENT Communications社の登録商標です。

外形図

本体外観図

本体外観図

(単位:mm)

標準アンテナ外観図

標準アンテナ外観図

(単位:mm)

オプションアンテナ外観図(金具や形状は予告なく変更される場合があります)

オプションアンテナ外観図

(単位:mm)

カタログダウンロード

本製品のカタログがダウンロードできます。

SINELINK 5G に関するお問い合わせ

通信インフラ・IoT推進営業部

お電話・FAXでのお問い合わせは
TEL(050)3383-3501 FAX(042)322-8354