ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立国際電気

RF-IDシステムの画像

概要

ICカードシステムは棚アンテナ制御技術を用いて、図書館書籍管理をはじめ、物品管理のさまざまな場面で活躍しています。
たとえば、書籍の管理や貸出・返却業務など、人の力に頼り膨大な作業が必要とされた図書館業務。
書籍の背表紙にタグを張り付けデジタル管理することで、書籍の位置情報をすばやく検索、貸出・返却業務の自動化を実現し、スタッフの業務負担を軽減、利用者の満足度向上につなげます。

RFIDタグによる資産管理を実現し、今までの煩雑な管理業務を効率良く、よりスマートに行えます。
固定資産などの持ち出しから返却までがRFIDにより一括管理・運用ができるため、大幅な業務効率改善につながります。

1台のリーダー・ライターで複数のアンテナの制御が可能なため、導入コストを抑えることができます。
また、近くに金属製の機器があっても正しく情報を読み取るように、金属対応のタグを取り付け、通常と同じ距離で通信することが可能です。

RF-IDシステムの画像

特長

  • 資産などの持ち出しから返却までを一括管理
  • 所在確認や棚卸作業の効率化を実現(資産番号などをハンディターミナルで読み取り、資産管理DBと連動して確認可能)

納入実績

図書館 2館

「RFIDシステム」に関するお問い合わせ

情報システム営業部

お電話・FAXでのお問い合わせは
TEL(050)3383-3490 FAX(042)322-3233