ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立国際電気

60GHz帯 無線伝送装置

概要

60GHz帯 無線伝送装置の画像

鉄道サービスにおいては、効率的な運行と同時に、きめ細かなサービスと極めて高い安全性が求められます。ホーム監視映像伝送システムは、大容量無線伝送により、ホーム上に設置された監視カメラの映像を列車の運転席に伝送することで、

  • ホームの混雑状況の確認
  • 車両扉の開閉確認
  • 出発時の乗客の安全確認

導入後の効果とは

導入前の課題

  • 出発時のホーム監視をスムーズに行うことができるようにして、運転手の負担を減らしたい

導入後の効果

  • 出発時のホーム監視映像・ドアーの開閉状況映像などを運転席に伝送することにより、運転手の負担を軽減できます。

システムイメージ

システムイメージの画像

特長

高速データ伝送

  • 最大100Mbpsの高速伝送が可能です。

双方向に情報をやり取り

  • 前後車両の遅延情報といった映像データ以外の情報や、ニュースや広告などの車内映像サービスデータなどを、双方向に伝送することができます。

容易なシステム設計

  • 指向性のあるアンテナの採用で、混信、および通信データの漏洩を防ぎます。

免許不要

  • 免許不要なので導入が簡単、毎年の免許更新料が不要です。

低遅延を実現

  • エンコーダ(画像サーバ)と無線機を組み合わせることで、低遅延を実現しました。*
    * 約280ms(当社環境による)

製品情報

  • 60GHz帯無線伝送装置に関する情報はこちらから
  • エンコーダに関する情報はこちらから

「60GHz帯 無線伝送装置」に関するお問い合わせ

公共システム営業本部

お電話・FAXでのお問い合わせは
TEL(050)3383-3486 FAX(042)322-8353

「エンコーダ」に関するお問い合わせ

映像営業部

お電話・FAXでのお問い合わせは
TEL(050)3383-3539 FAX(042)322-3233