ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立国際電気

2017年9月29日
株式会社日立国際電気

日立国際電気の監視カメラシステムが甲子園球場で稼働中

  株式会社日立国際電気(執行役社長 佐久間 嘉一郎/以下、当社)は、今シーズンより阪神甲子園球場(阪神電気鉄道株式会社/以下、甲子園球場)にフルハイビジョン監視カメラシステムを納入、球場を使用する選手や来場者の皆さまの安心・安全を守るために日夜稼働しております。

  甲子園球場は、春夏の高校野球全国大会の聖地として、また、熱狂的なファンが多いプロ野球チームのホームグラウンドとして大変有名な球場です。甲子園球場では、球場内外のセキュリティー強化を検討していく中で、複数メーカーの中から当社を選定いただき、共にセキュリティーの高度化に取り組んでまいりました。

  甲子園球場のニーズにお応えするために、当社では、昼夜・天候を問わず視認性の高い映像を提供できるカメラシステムを提案しました。これまで運用されていたアナログカメラ(解像度:640×480)からフルハイビジョンカメラ(解像度:1920×1080)に置き換えることで、特に広範囲を監視する必要があるスタジアム監視の視認性を格段に向上させることができました。また、当社のコア技術である、高感度や鮮明化、霧(きり)や霞(かすみ)、陽炎(かげろう)を補正する機能を内蔵したカメラを監視用途に応じて設置することで、不明瞭になりがちな状況下の映像でも、モニターすることを可能としました。

  また、フルハイビジョンの解像度を生かした画像解析システムとの連動といった拡張性も考慮されているため、映像管理の業務効率向上とともにセキュリティーレベルの高度化にも対応できる監視システムとなっております。

監視カメラシステム

  当社は、お客さまの安心・安全や防犯の向上、業務改善や経営課題解決に貢献する映像セキュリティソリューションを順次開発し、スタジアムのほか、電力、交通、製造、空港、物流、金融、自治体・街区などを中心にさまざまなシステムを提供してまいります。

お問い合わせ先

株式会社 日立国際電気 映像・通信事業部 経営企画本部 製品企画部
〒187-8511 東京都小平市御幸町32番地 TEL:(050) 3383-3676(直通)

以上

*
こちらに掲載されている情報は、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。また、最新の情報とは内容が異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。