ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立国際電気

2017年2月28日
株式会社日立国際電気

監視カメラの映像を鮮明化する装置「VG-IP2000」を製品化

VG-IP2000

   株式会社日立国際電気 (本社 東京都港区、社長 佐久間嘉一郎 以下 日立国際電気) は、映像の状況を自動補正し、明暗部を最適化することにより視認性を向上する映像鮮明化装置「VG-IP2000」を2017年6月より販売します。本製品は、全世界共通販売モデルとして、順次海外でも販売を開始します。

  本製品は、暗い映像や霧や霞で見えにくい映像を見やすく鮮明な画像に変換します。夜間照明の少ない場所では、撮影した映像が暗くなり、必要な情報を映像から視認することが困難となる場合があります。本製品は、日立グループ独自のアルゴリズムにより、映像の状況を自動的に判定し、目視可能な明るさになるよう調整します。

  映像の入出力には複数のインターフェースに対応が可能で、さまざまな監視カメラシステムに柔軟に組み込むことが可能です。映像入力は、アナログ端子/SDI/HDMIの各インターフェースとの接続が可能です。映像出力も、映像入力と同じ各インターフェースに対応しているため、既存の映像伝送路の間に設置が可能となります。
さらに、映像エンコード機能を搭載しているため、処理した映像をデジタル符号化し、IPネットワークへ映像ストリームとして配信する機能も備えております。

VG-IP2000
映像鮮明化例 (左:入力、右:出力)

■映像鮮明化装置VG-IP2000仕様
映像鮮明化装置VG-IP2000仕様
項目 仕様
映像 映像入力*1 NTSC/PAL    1ch
HD-SDI       1ch
HDMI type A  1ch
映像出力*2 NTSC/PAL    1ch
HD-SDI       1ch
HDMI type A  1ch
映像フォーマット 1920x1080 / 59.94i. 50i, 29.94p, 25p
720x480 / 59.94i, 50i
音声 音声入力 LINE入力  1ch
音声出力 LINE出力  1ch
制御 シリアルI/F RS-232C / 485 (2W/4W) 1ch
接点出力 入力 2,  出力2
LAN I/F 10BASE-T / 100BASE-TX 自動選択
映像圧縮 映像圧縮方式 H.264 / Motion JPEG
対応解像度: 1920x1080, 640x480, 320x240
フレームレート 最大30フレーム/秒
ビットレート 最大15Mbps
その他 温度条件

-10~+50℃(動作温度)

-15~+70℃(保存温度)
湿度条件 80%RH以下(結露なきこと)
電源 AC 90~264V 50/60Hz
外形寸法 210×43×270mm(突起部を除く)
質量 2.0kg以下(本体重量のみ、付属品除く)
販売価格 オープン
受注開始日 2017年6月
販売目標 600台/年

*1:3種類の映像入力を備えますが、同時に使用できるのは1種類のみです。
*2:映像入力と同種のインターフェースの映像出力のみ有効となります。

本製品に関するお問い合わせ先

株式会社 日立国際電気 映像・通信事業部 企画本部
製品戦略・企画部  [担当:花輪・岡崎]
〒187-8511 東京都小平市御幸町32番地
電話 050-3383-3676(直通)

以上

*
こちらに掲載されている情報は、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。また、最新の情報とは内容が異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。