ページの本文へ

Hitachi

日立国際八木ソリューションズ

110度CS編
Q1. 110度CS放送とはなんですか?
A1. 2000年12月にBSデジタル放送と同じ軌道位置に打ち上げられた衛星(N-SAT-110)を使って行われているデジタル放送サービスです。 現在スカパーe2の名称で放送されています。 有料番組は新たに受信契約が必要です。
110度CS編
Q2. 今まで使っていたBSアンテナで110度CS放送は使えますか?
A2. 使えません。受信できる周波数帯域が異なります。110度CS対応BSデジタルアンテナを使用してください。
110度CS編
Q3. 110度CSとBSの両方を見たい場合、アンテナは2台必要ですか?
A3. 1台でどちらも同時に受信できます。110度CS放送の衛星はBSの衛星と同じ軌道位置にあります。 110度CS対応BSデジタルアンテナをBSが受信できる方向に調整すれば、同時に110度CSも受信できます。 一般的に、110度CS用チューナはBSデジタル用チューナと共用タイプが各社より発売されています。 したがって、1台のチューナでどちらもご覧になれます。
110度CS編
Q4. 110度CS放送にはスカイパーフェクTVのアンテナは使えますか?
A4. 使えません。方式および衛星の位置が異なります。110度CS対応BSデジタルアンテナを使用してください。
110度CS編
Q5. 110度CS放送を受信するには今までのBSチューナ内蔵テレビなどで受信できますか?
A5. 110度CS対応の受信機を使用しなければ受信が出来ません。 地上デジタル/BS/110度CS対応チューナや地上デジタル/BS/110度CS対応テレビなどを使用してください。
110度CS編
Q6. 今住んでいるマンション(共同受信施設)で、110度CSは見ることはできますか?
A6. お住まいのマンションの設備が110度CS対応になっていると見ることができます。 実際に対応できるかどうかは施設を管理者(管理会社等)にお尋ねください。
110度CS編
Q7. 110度CS放送を分配したいのですが、BS用の分配器は使用できますか?
A7. 分配器がCS対応になっていないと分配できません。お手持ちの分配器が2150MHz対応の機器であれば使用できます。 UHF/VHF用は使用できません。機器が対応になっていない場合、交換して下さい。
110度CS編
Q8. 110度CS放送を増幅したいのですが、BS用のブースタは使用できますか?
A8. ブースタがCS対応になっていないと増幅できません。お手持ちのブースタが2150MHz対応の機器であれば使用できます。 UHF/VHF用のブースタも使用できません。
110度CS編
Q9. 110度CS対応BSデジタルアンテナには右偏波用と両偏波用がありますが、どのように違うのですか?
A9. 現在行われているのは右円偏波よる放送です。将来、放送の拡張ができるように、左円偏波による放送周波数帯に枠があります。 将来の右円偏波・左円偏波にも対応可能な機種が両偏波用です。個別受信の場合は、専用のチューナから電圧で切り替えます。
現在、左偏波による放送予定は行われていません。放送時期、対応チューナ等発売時期・機種は未定です。