ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立国際電気

基本と正道に則り、お客様の視点で、自ら考え、行動し、各プロセスにおける継続的な改善活動に取り組んでいます。

日立国際電気グループ品質方針

「日立国際電気グループは、安全性・品質及び環境に配慮した製品・サービスを開発提供することでお客様の満足と信頼を獲得する。これを実現するため『HiKE人の信条』を常に心がけ、全従業員は、基本と正道に則り、お客様の視点で、自ら考え、行動し、各プロセスでの継続的な改善を図る。」

お客様第一

お客様第一のものづくりに徹し、安全性・品質および環境に配慮した製品・サービスを開発提供することでお客様と社会の満足と信頼を獲得することをめざします。

安全な製品・サービスの提供

お客様に安全で品質の高い製品・サービスを提供するため、製造物責任法(PL法)など国内外の法律、安全規格に加え、さらなる安全確保のための社内規準を守り、品質レベルの向上を図っています。 また、「全社品質保証部長会」において、情報共有と社内外の失敗事例に基づく不具合防止の活動を行っています。

品質向上への取り組み

国内全生産拠点および海外の主な生産拠点においてISO9001(品質マネジメントシステム)認証を取得し、プロセスアプローチにおけるPDCAサイクルによって品質マネジメントシステムの継続的な改善を図っています。さらに製品分野に特化したJISQ9100認証の取得など、さまざまなお客様のご要求に適合した品質の製品・サービスの提供に取り組んでいます。

品質問題への取り組み

お客様の立場から考え、行動する考えに基づく一連の反省、再発防止活動を「落穂拾い」と呼び、技術的な直接的原因と、そのもととなった動機的原因を洗い出し、再発防止に取り組むとともに、類似製品なども検証し、事故の未然防止に努めています。

グローバル化への取り組み

グローバル・ネットワーク型の事業展開に伴い、品質保証に携わる人財の交流や活動支援を図り、製品・サービスのさらなる品質向上に努めています。

■品質向上への取り組みの流れ

品質向上への取り組みの流れの画像