ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立国際電気

自ら学び、自ら考え、自ら実行する人財の育成

日立国際電気の人財開発理念は、「自ら学び、自ら考え、自ら実行する人財の育成」です。入社時から個人個人の知識・スキルアップやキャリアアップのための社員研修を展開しています。

新入社員研修は充実の2年間!

1. 目的

仕事に関する基本的な考え方、知識・スキルやさまざまな課題に対する多様な着眼点・問題解決能力を習得し、グローバルで活躍できる人財として、会社の一員となることをめざします。

2. 入社後の研修内容

(1) 導入研修 (集合研修) 【約2ヵ月】
当社の歴史から専門知識やソフト開発まで幅広い研修を行います。

  • 会社を知ること(会社の歴史、製品知識、工場見学など)
  • 会社に慣れること(集合研修期間中のクラス運営、朝礼でのスピーチなど)
  • 必要なスキルの習得(グループ討議、ソフト開発の講義など)
  • グローバル人財としての意識の高揚(異文化研修、英語でのスピーチ、TOEICなど)

(2) PCD(Primary Career Development) 通称:武者修行 【9ヵ月】
配属先以外の業務を経験することで業務の流れや人を覚え、技術の基礎力養成、視野の拡大、業務遂行力の向上を図ります。
例) 設計配属者はモノづくり現場や営業部の顧客先同行

(3) 実務研修/OJT(On The Job Training) 【1年】
配属先で研修発表のテーマを選定し、実務を通して問題解決のアプローチや業務の進め方を習得します。

(4) 研修発表
新入社員研修の総仕上げとして役員の前で発表を行います。

新人研修の2年間

Fナビ制度(Fresher's Navigation) 【6ヵ月】
新入社員を会社全体で見守り、成長を支援する制度。
社会人基礎力向上を目的とし、若手の先輩社員とともに、さまざまなテーマに基づいた勉強会を開いたり、会社生活の分からないことを相談するなどの活動に取り組みます。

新入社員研修後も、中堅社員研修 → リーダーシップ研修 → 主任研修とステップアップにあわせた研修を実施。

他にもさまざまな角度から個人のキャリアアップ・スキルアップをバックアップしています

グローバル人財育成を目的とした「短期海外派遣プログラム」や「語学研修」
効果的なプレゼンのポイントを掴み実践に強くなるための「プレゼン研修」
自社キャリアアドバイザーによる自身のキャリア構築をめざす「キャリア開発研修」

人財開発 に関するお問い合わせ

人事総務本部

お電話・FAXでのお問い合わせは
TEL(050)3383-3330 FAX(042)328-8700